ここでは高齢者の安否確認サポートについてご紹介していきます。ご家族ができるもの、民間にお願いしてできるもの、自治体が実施しているものなど安否確認サービスは様々です。費用やサービス内容など色々考慮して負担のかからないものをお選びください。

家族ができる安否確認サポート

家族ができる安否確認サポート

家族ができる安否確認サポートは直接電話したり、訪問したりすることです。親の顔を見て直接健康状態を確かめるのは、何よりも安心できる方法と言えます。

しかし、現実的にはそんなに頻繁に足を運べないというケースも少なくないでしょう。その場合は、セキュリティーシステムなどを導入する家庭も多いです。例えば、カメラを設置したり、センサーを設置したりなど、映像や音声、その他電気の使用状況などを通知するサービスがあるので、それらを使って24時間安否確認ができます。

民間ができる安否確認サポート

民間ができる安否確認サポート

家族の力だけではちょっと限界があるという場合、民間の力を借りるのも一つの手段です。見守りサービスは様々な会社が提供しています。例えば、携帯会社ではスマホのアプリを駆使して気軽にテレビ電話や、通話が手軽に楽しめるようなサービスを提供しています。それ以外にも歩数のチェックや、電池残量情報を通知することで、安否確認ができるサービスもあります。これなら不審に思ったタイミングで、親に連絡できるはずです。

また、警備会社では、緊急通報システムを導入し、身の危険があった場合、すぐに動けるような体制をとってくれています。また、緊急性が無くても健康相談ができる会社もあります。その他にも、様々な民間企業が高齢者の方のサポートに力を入れています。

自治体ができる安否確認サポート

自治体は各地域によって安否確認サポートが多少異なります。実施しているサービスで多いのは配食サービスや安心コールです。配食サービスは一人暮らしの高齢者に対し、食事を届けるサービスです。高齢者の方は料理を作るのに苦労されている方も多いでしょう。また栄養面のバランスも気になるところではないでしょうか。そういった人に対して栄養のあるお弁当を届けます。

また、頻繁にコミュニケーションをとることで塞ぎ込みがちな気持ちを開放する狙いもあります。安心コールは、電話やテレビ電話などを通じて安否確認をするサービスです。安否確認の他に、健康相談に応じるサービスを提供している自治体もあります。また、応答がなかった場合にはご家族に連絡が入るようになっています。

以上、様々な安否確認サポートをご紹介しました。高齢者のコミュニケーション能力向上にも繋がる安否確認サービスなら「き・ず・な」をご利用ください。テレビ電話を利用することで、お顔を確認しながら安否確認を行いますので、ご家族の安心に繋がるだけでなく、高齢者の人の日々の楽しみにもなります。対話を行うのは、傾聴のプロなので安心しておまかせいただけるのも「き・ず・な」の強みです。テレビ電話を使った見守りサービスに興味のある人はお気軽にお問い合わせください。

高齢者の安否確認に役立つ見守りサービスなら

会社名
き・ず・な
責任者名 代表 小池 貴子
住所 〒003-0803 北海道札幌市白石区菊水3条4丁目4-30-202
電話番号 080-5584-3562
メールアドレス info@koike-channel.com
ホームページアドレス http://kizuna-2.com