両親の見守りサービスをしたいという場合、サービスの選び方も重要です。一方的に契約してしまっては、逆に両親に迷惑をかけてしまうこともあります。まずは両親の生活スタイルなどを聞いて、どんな方法が良いか模索していきましょう。

簡単に操作できるのか

簡単に操作できるのか

一番のポイントは操作性です。

機械を操作するのが苦手というご高齢の方も多く、立ち上げまでに時間がかかる、色々な操作があると混乱してしまいます。わかりやすく簡単な操作になっているか、事前にご家族が確認しましょう。できれば普段から使用しているものをそのまま利用できるのがベストです。

例えば、普段から家族と連絡を取るため、スマホを持っているご高齢の方も多くなっています。普段から所有しているスマホであれば無理なく利用できるはずです。

また、見守りサービスの利用に伴い、新しい機械や端末を使う場合は、端末の使用方法を詳しく説明してくれるサービスを選択しましょう。見守りサービス提供会社からわかりやすく説明してもらうことで、操作に困ることも少なくなりますし、ご家族の負担を減らすことも可能です。

サービス内容や費用を比較して選ぶ

サービス内容や費用を比較して選ぶ

見守りサービスは会社によって料金やサービス内容が異なるので、しっかりと確認した上で利用しましょう。例えば「在宅訪問」と一言で言っても、安否確認だけしてすぐに帰ってしまう場合もあれば、健康状態を確認したり、身の回りの世話をしたりケースもあります。

また週1回、週3回、月1回など、どのような頻度でサービスを行っているのかもチェックしましょう。電話やテレビ電話の場合、1回につき5分のところもあれば30分のところもありますので、月額料金だけで判断しないように注意しましょう。そしてどんな人が相手してくれるのか、どんな会話が多いのかもチェックしておくと、安心して任せることができるはずです。

サービスを受ける人の状況で選ぶ

サービスを受ける人が無理なく実行できるのかも大切です。例えば、「毎週水曜日は近所に出かけている」、「平日の午前中はコミニティーセンターに出かけている」など決まった用事がある方もいるでしょう。「見守りサービスの連絡を待たなければいけないから出かけられない」となってはストレスの元となってしまいます。そうではなく、普通に暮らしていて支障のないタイミング、時間を見計らって利用できるサービスを検討しましょう。

以上、見守りサービスの上手な選び方をご紹介しました。両親のための見守りサービスをお探しなら「き・ず・な」をご利用ください。「き・ず・な」では、テレビ電話を活用した見守り型対話サービスをご提供しております。最初にご利用手引きや担当傾聴アテンダーのプロフィールなどが入った、スターターキットをお送りいたしますので、安心してサービスをご利用いただけます。

その他、気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。

両親の安否確認に見守りサービスを活用しよう

会社名
き・ず・な
責任者名 代表 小池 貴子
住所 〒003-0803 北海道札幌市白石区菊水3条4丁目4-30-202
電話番号 080-5584-3562
メールアドレス info@koike-channel.com
ホームページアドレス http://kizuna-2.com