見守りサービスを選ぶ際は、サービス内容だけでなく料金も気になるところです。こちらでは、種類別見守りサービスの一般的な相場を検証します。

見守りサービスのタイプ別相場

見守りサービスのタイプ別相場

訪問型

訪問型は実際にスタッフが訪問して、コミュニケーションを取る方法です。1回の訪問で月額2,000円~3,000円前後が一般的な料金です。訪問回数を増やす場合や掃除や食事の用意など、身の回りのお手伝いを希望される場合は、別途料金がプラスされます。その他、対話時間によっても料金が変動します。

センサー・カメラ型

センサー型の場合、訪問ではなく、センサーの取り付けや緊急事態の時だけ確認するのが主流です。そのため、初回時は契約費が約1,5万円で、機器代が5万円から8万円程度かかります。どのようなセンサーやカメラを設置するかによって費用が異なるので、しっかりと確認しましょう。

そして、月額利用料金は3,000円前後が相場です。カメラ型の場合は、初回契約費、月額料金共にセンサー型よりも高くなってしまう傾向がありますが、詳細な状況を確認できます。またセンサー型、カメラ型は、万が一の際警備員が出動すると1回ごとに別途料金がかかります。

対話型

テレビ電話やメールでのやり取りを主体とした対話型は、1回につき3,000円~4,000円程度となります。月4回で、月額料金は1万円から1,5万円程度が相場です。訪問型と比較し、出張費などを請求されることもありませんので、追加料金が発生することもありません。

テレビ電話であれば普通に相手の目をみて会話することもできますので、直接人とコミュニケーションを取るのと変わらない感覚です。対話型の場合、対応時間によって料金が変動しますので、1回につき何分なのかチェックしましょう。

見守り型対話サービスはこんなご家族におすすめ!

見守り型対話サービスはこんなご家族におすすめ!

見守りサービスは主にこのような方に利用されています。

  • 家族が忙しくてなかなか電話をする時間がない
  • 近隣に友達がいない
  • 離れて暮らす両親の安否確認がしたい
  • 両親が一人暮らしで寂しい思いをしている

見守り型対話サービスは、普段からなかなか話し相手がいない人に好まれているサービスです。会話は脳を活性化させるのに必要な習慣です。1人で食事をしたり、テレビを見ていたりするだけでは脳への刺激が少ないです。筋肉などと同様に、脳も毎日使わないとどんどん退化してしまいますので、話し相手がいることは健康状態を保つ上でも欠かせません。

上記でご紹介した相場は、あくまでも一般的な目安です。地域やサービス内容によって料金は異なりますので、しっかりと内容をご確認の上、安心して利用できる見守りサービスを選ぶようにしましょう。

テレビ電話を使った見守り型の対話サービスを行う「き・ず・な」では、安否確認はもちろん、傾聴アテンダーが家族のように仲の良い関係を築けるように対話を行います。テレビ電話を活用することで、お互いの顔が確認でき親御さんも安心して対話が楽しめます。

対話後はご家族に安否と親御さんが現在興味を持たれている内容などをメールでお送りいたしますので、家族間のコミュニケーションにも役立ちます。

テレビ電話を使った安心の見守りサービスを利用しよう

会社名
き・ず・な
責任者名 代表 小池 貴子
住所 〒003-0803 北海道札幌市白石区菊水3条4丁目4-30-202
電話番号 080-5584-3562
メールアドレス info@koike-channel.com
ホームページアドレス http://kizuna-2.com